健康なときこそ予防しましょう 健康なときこそ予防しましょう

健康なときこそ予防しましょう

風邪をひいたら内科へ、ケガをしたら外科へ……というのと同じように、多くの方が「虫歯歯周病になったら歯医者に行く」と思われています。しかし、実は風邪やケガと、虫歯や歯周病とは、同じように考えてはいけないものなのです。なぜなら歯は一度削ったり抜けたりしてしまえば、元に戻ることはありません。風邪が治って元気になる、傷口がかさぶたになってふさがる、というのとはわけが違うのです。

お口のトラブルを避けるには、悪くなる前からの予防が何よりも大切です。健康なときこそ、予防のために通院することが必要なのです。足立区六町の歯医者「しまもと歯科クリニック」の予防歯科では、歯科衛生士による専門的な予防処置をご提供しています。歯のダメージを回避するために定期検診に通い、予防習慣をはじめましょう。

リスクを徹底的に調べます リスクを徹底的に調べます

当クリニックでは患者さんごとに異なる口腔内のトラブルリスクを徹底的に調べ、一人ひとりに合った予防方法をご提案しています。リスクを調べる検査には、次の方法を採用しています。

リスクを徹底的に調べます

ダイアグノデントによる検査

ダイアグノデントとは、歯にレーザー光を当てて虫歯の進行状況を数値で把握できる装置です。視診では見逃してしまうようなごく初期の虫歯でも発見でき、早期治療を可能にします。

リスクを徹底的に調べます

唾液検査

唾液を調べることで、虫歯リスクを判定することができます。その結果から、一人ひとりに合った虫歯予防の方法を決定します。

リスクを徹底的に調べます

位相差顕微鏡を用いた検査

患者さんのお口の中の汚れをほんの少し採取し、位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡で観察することで、細菌の種類や数などを特定することができます。その結果、虫歯や歯周病のリスクはもちろん、歯周病が関わる全身疾患のリスクまで知ることができるのです。

歯科衛生士によるプロのメインテナンスを 歯科衛生士によるプロのメインテナンスを

歯科衛生士によるプロのメインテナンスを

当クリニックの予防歯科では、歯科衛生士がメインテナンスを担当します。歯科衛生士とは、3年以上の教育を受けたうえで国家試験を受け、合格した者だけに与えられる国家資格です。つまり予防についての知識・技術が豊富な、いわば口腔衛生のプロフェッショナルなのです。

歯科衛生士によるプロのメインテナンスを

当クリニックでは在籍する4名の歯科衛生士が、一人ひとりのお口の状態や、虫歯・歯周病のリスクをしっかりと把握したうえで、適切な予防処置をご提供しています。歯科医院でしかできないプロのメインテナンスを受け、お口の健康を維持しましょう。

~お体のことを考えた予防グッズを取りそろえています~

当クリニックでは患者さんのお体のことを十分に考えた、おすすめの予防グッズをとりそろえています。興味のある方は、お気軽にスタッフまでお声がけください。

歯ブラシ 歯磨き粉

歯ブラシ

天然毛を使用した、歯や歯ぐきにやさしい歯ブラシをご用意しています。サイズは大人用と子供・女性用の2種類があります。

歯磨き粉

一般の歯磨き粉に配合されていることがある「合成界面活性剤」には、歯ぐきからの出血や口臭を招き、歯周病リスクを高めてしまうというデメリットがあります。その結果、全身疾患のリスクも高まります。

当クリニックでは、合成界面活性剤不使用の歯磨き粉を取り扱っています。

予防処置方法紹介 予防処置方法紹介

ブラッシング指導 ブラッシング指導
ブラッシング指導 一人ひとり異なるお口お状態や、虫歯・歯周病リスクをふまえ、正しいブラッシング方法を指導します。毎日継続し、お口の健康を維持しましょう。
フッ素塗布 フッ素塗布
フッ素塗布 歯の表面に虫歯抑制効果を持つフッ素を塗布し、虫歯に強い歯にする処置です。フッ素には歯の再石灰化を促す効果もあるため、ごく初期の虫歯であれば、これによって治癒が期待できるケースもあります。
PMTC PMTC
PMTC PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略。ブラッシングでは落とせないプラークやバイオフィルム(細菌の塊)を、歯科衛生士が専用の器具を用いて徹底的に取り除く処置です。定期的に受けることで、虫歯予防効果が高まります。
  • 歯が痛くないときこそ定期検診でチェックしましょう しまもと歯科クリニックのご予約はこちら 03-5851-5851

Topics

  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります

Treatment Menu