合わない入れ歯でガマンしていませんか? 合わない入れ歯でガマンしていませんか?

合わない入れ歯でガマンしていませんか?

入れ歯をすると痛い」「すぐに外れてしまう」「食事がしにくい」などの不具合がある場合、入れ歯が合わなくなっていることが考えられます。お口の中の状態は日々変化しているため、はじめは合っていた入れ歯も徐々に合わなくなってしまうからです。

合わない入れ歯を使い続けていると、粘膜に傷がつき、そこから感染症を招いてしまうこともあります。また部分入れ歯であれば、支えている歯にダメージを与えてしまうこともあるでしょう。入れ歯に不具合がある場合には我慢をせず、足立区六町の歯医者「しまもと歯科クリニック」までご相談ください。

精密な入れ歯をつくるために 精密な入れ歯をつくるために

精密な入れ歯をつくるために

当クリニックでは精密な検査を行うとともに、咬合器を用いて一人ひとりの患者さんごとに異なるお口の形状に、ぴったり合った入れ歯をおつくりしています。

まずはお口の形状についての検査を行い、その結果をふまえながら模型上で顎運動や咬合などのさまざまな位置を再現。その過程を経て、適切な入れ歯を製作していきます。当クリニックで、しっかり噛める快適な入れ歯をつくりましょう。

保険の入れ歯の限界 保険の入れ歯の限界

保険の入れ歯の限界

保険適用の入れ歯でも、作り方によってはフィット感をよくすることが可能です。しかし、使用できる材料や工程にどうしても制限があり、自費の入れ歯のように快適さを追求することはできないのが現実です。

たとえば歯型を採るためのプレートも、自費であれば一人ひとりに合わせたものをつくることができますが、保険の場合には既製のものしか使うことができません。そういった理由から、保険診療の入れ歯には限界があるといえるのです。

取り扱い入れ歯紹介 取り扱い入れ歯紹介

当クリニックでは、より患者さんのお口にフィットした最適な入れ歯をご提供するため、自費診療での入れ歯を取り扱っています。

ミラクルデンチャー ミラクルデンチャー
ミラクルデンチャー ミラクルタッチと呼ばれる維持装置が付いた、口腔内の接着面がすべて樹脂でできた入れ歯です。ぴったりフィットして違和感がほとんどなく、残っている歯に負担をかけることがないのが特徴です。また見た目がすっきりしているうえに軽く、会話なども快適に楽しめます。
ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 保険の部分入れ歯にあるバネ(クラスプ)をなくした入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいピンク色の素材でつくられており、目立ちにくくフィット感もよいのが特徴です。
マグネットデンチャー マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 残っている歯根と入れ歯の内側に強力な磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。残っている歯に負担をかけず、バネがないため見た目もすっきりします。
シリコンデンチャー シリコンデンチャー
シリコンデンチャー 歯ぐきにあたる部分を、やわらかい生体用シリコンで覆った入れ歯です。フィット感がよく、噛んだときの衝撃をシリコンが吸収することで歯ぐきの負担が軽減されます。
金属床 金属床
金属床 床部分に金属を用いた入れ歯です。保険のレジン(歯科用プラスチック)床と違い、薄く、軽くできるため、装着の違和感が少ないのが特徴です。また食べものの温度が伝わりやすく、食事をおいしくとることができます。
  • もっとしっかり噛みたい、という方にはインプラントがおすすめですしまもと歯科クリニックの「インプラント治療」についてはこちら

Topics

  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります

Treatment Menu