噛み合わせのずれが体の不調の原因かもしれません 噛み合わせのずれが体の不調の原因かもしれません

噛み合わせのずれが体の不調の原因かもしれません

噛み合わせ」とは、たとえるなら建物の骨組みにあたるものだといえます。骨組みがしっかりしているからこそ建物が長年きちんと建っていられるように、お口の健康は正しい噛み合わせがあってこそ維持できるものなのです。

骨組みに問題があって壁にヒビができてしまった場合、ヒビを埋めても根本的な解決にはなりません。それと同じように、噛み合わせの乱れが原因で生じたトラブルに対し、噛み合わせを無視した治療を行っても、また同じことがくり返されてしまいます。

足立区六町の歯医者「しまもと歯科クリニック」では、噛み合わせを重視した治療を行っています。噛み合わせの乱れは、お口だけでなく全身に悪影響を及ぼす原因になるもの。噛み合わせの大切さを、もう一度見直してみましょう。

噛み合わせのずれが招く悪影響 噛み合わせのずれが招く悪影響

噛み合わせにずれがあると、お口まわりや全身に次のような悪影響を与えることがわかっています。

口腔関係 虫歯、歯周病、歯ぎしり、口臭、顎関節症、口呼吸、睡眠時無呼吸症候群
筋肉・骨 頭痛、肩こり、腰痛、口元・顎・顔つきのゆがみ、猫背
自律神経 手足のしびれ・むくみ、めまい、耳鳴り、胃腸衰弱、便秘、下痢、高血圧、不整脈、自律神経失調症
婦人科 生理不順、更年期障害
精神面 ストレス過敏

なぜ噛み合わせがずれるのか なぜ噛み合わせがずれるのか

なぜ噛み合わせがずれるのか

噛み合わせは、歯ぎしりや食いしばり、頬づえなどのクセが原因となってずれることがありますが、それでだけではなく、虫歯や歯周病、それらの歯科治療などが原因になっていることもあります。

残念ながら歯科医院によっては、詰めもの・被せものなどを入れる際に、それほど噛み合わせを重視していないところもあります。そのため、被せものの高さが合わずに噛み合わせが悪くなっていくことがあるのです。

なぜ噛み合わせがずれるのか

また、「治療していない虫歯がある」「歯周病が進行した」「歯並びが悪い」「親知らずが生えてきた」といったことでも、ずれは生じます。そのまま放置すれば、さらにお口の環境は悪化します。ご自分の噛み合わせに少しでも違和感があれば、できるだけ早く歯科医師に相談することが大切です。

  • 噛み合わせのずれは、体調にも悪影響を及ぼします
違和感がある方は、しまもと歯科クリニックまでお早めにご相談ください
03-5851-5851

Topics

Treatment Menu