歯の根っこから原因を取り除きます 歯の根っこから原因を取り除きます

歯の根っこから原因を取り除きます

虫歯が重度にまで進行すると、根管(こんかん)という細い管の中にある神経や血管が、虫歯菌に冒されてしまいます。そこまで悪化したら、従来なら抜かなくてはなりませんでしたが、近年では根管治療によって歯を残せるようになりました。

  • 歯の根っこから原因を取り除きます
  • arrow
  • 歯の根っこから原因を取り除きます
  • arrow
  • 歯の根っこから原因を取り除きます
  • arrow
  • 歯の根っこから原因を取り除きます

根管治療とは、死んでしまった神経や血管を取り除いて根管内をきれいに洗浄・消毒し、すき間なく薬剤を充填する治療です。足立区六町の歯医者「しまもと歯科クリニック」では、根管治療に対応しています。根管はとても細かく複雑なつくりになっており、高度な技術が必要な難しい治療です。緻密な処置を重ねることで根っこから原因を取り除き、大切な歯を守りましょう。

根管治療をした方がいい場合 根管治療をした方がいい場合

次のような症状に覚えはありませんか?

  • 冷たいものや甘いものを口にすると歯が痛む
  • 歯を噛み合わせると痛みが出る
  • 歯ぐきが腫れており、指で押すと痛い
  • 何もしていなくても痛みがある

これらの中に当てはまるものが一つでもある場合、虫歯がかなり悪化していることが考えられます。これを放置すれば、抜歯をまぬがれない状態になってしまうかもしれません。しかし、タイミングを逃さずに根管治療を行えば、歯を残せる確率が高まります。まずは一度、診察を受けにお越しください。

治療の中断は「ふりだし」に戻ります 治療の中断は「ふりだし」に戻ります

治療の中断は「ふりだし」に戻ります

根管は大変細かく複雑な構造になっているため、根管治療を確実に行うには、治療を何回にも分けて、時間をかける必要があります。しかしそのせいで通院がおっくうになり中断してしまえば、治療は「ふりだし」に戻り、さらに悪化させてしまうケースも少なくありません。

根管治療にかぎらず、歯科治療は必ず最後まで受けることが大切です。もし予約日に診療が受けられないことがあったとしても、すぐに予約を取り直し、最後まできちんと受診しましょう。

治療の中断によるリスク 治療の中断によるリスク
根管治療を中断すると 抜歯してすぐに中断すると 歯型を採ったまま中断すると
きれいになった根管内に細菌が再び侵入し、虫歯をさらに奥まで進行させてしまいます。抜かなくて済むはずだった歯を抜くことになったり、大きな腫れや激しい痛みが現れたりすることもあります。

抜歯後には感染予防のために洗浄・消毒が必要です。それをしないでいると早期回復ができなくなってしまいます。

またブリッジや部分入れ歯などの補綴(ほてつ)治療をしないでいると、見た目が悪いだけでなく、歯並びや噛み合わせを乱し、お口まわりだけでなく全身にも悪影響を与えることがあります。

歯を削って型を採り、そのままにしていると、削った部分が再び虫歯になったり、歯並びや噛み合わせが乱れたりする原因になります。

またせっかく型を採ってつくった詰めもの・被せものも、日数が経過すれば合わなくなってしまいます。治療は継続して受けることが大切なのです。

被せものの精度が重要です 被せものの精度が重要です

被せものの精度が重要です

根管治療の最後に被せものを装着するときには、歯根との継ぎ目がわからないように滑らかに仕上げることが大切です。もし継ぎ目に引っかかりや、わずかなすき間ができていると、そこから歯の内部に細菌が入り込んで、虫歯を再発させてしまうからです。

被せものの精度が重要です

つまり、被せものを長持ちさせて再治療を防ぐためには、被せものの精度が重要になるのです。当クリニックでは信頼のおける技工所と提携し、精度の高い被せものをご提供できるよう努めています。根管治療は、当クリニックに安心しておまかせください。

  • 根管治療が必要になるほど虫歯を悪化させないためにしまもと歯科クリニックの「3ヶ月ごとの検診の理由」についてはこちら

Topics

  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります

Treatment Menu