あなたも歯周病予備軍かもしれません あなたも歯周病予備軍かもしれません

あなたも歯周病予備軍かもしれません

「歯を失う原因になる病気は?」と聞かれたら、多くの方が「虫歯」と答えるでしょう。しかし実は日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です。歯周病は、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしてしまう病気。悪化すれば歯は支えを失って抜け落ちてしまうのです。

あなたも歯周病予備軍かもしれません

歯周病は、日本人の約8割が「かかっている」または「予備軍である」といわれる国民病です。とくに自覚症状がないあなたも、予備軍かもしれません。歯周病治療は早めが肝心です。少しでも異変に気づいたら、足立区六町の歯医者「しまもと歯科クリニック」までご相談ください。

こういう習慣はありませんか? こういう習慣はありませんか?

歯周病の原因には、ブラッシング不足や噛み合わせの乱れといったことが挙げられます。しかしそれだけでなく、生活習慣とも深く関わりがある病気です。次に挙げる項目に覚えはありませんか? 当てはまるものがあれば、歯周病リスクが高いといえます。

タバコを吸う ストレスをためやすい
タバコを吸う
喫煙習慣があると、タバコの煙に含まれている有害物質が、お口の中の粘膜や歯肉から吸収され、歯周病リスクを高めます。
ストレスをためやすい
疲労やストレスを溜めがちな人は、免疫力が低下して歯周病にかかりやすくなります。
よく噛まずに食べている 間食が多い
よく噛まずに食べている
あまり噛まずに丸飲みするクセがついていると、自浄作用を持つ唾液の分泌が減って細菌が繁殖しやすくなります。
間食が多い
間食が多いとお口の中は常に汚れた状態になり、歯周病菌の棲み家となるプラークが増えます。時間を決めて食べることが大切です。

当クリニックでは細菌から検査します 当クリニックでは細菌から検査します

  • 当クリニックでは細菌から検査します
  • 当クリニックでは細菌から検査します

当クリニックの歯周病治療では、まずお口の中の歯周病菌をくわしく調べるために、位相差顕微鏡を用いた検査を行っています。位相差顕微鏡とは、光線の波長の違い(位相差)をコントラストに変換して、お口の中の細菌を生きたまま鮮明画像で観察できる高度な顕微鏡です。

歯周病菌の種類や数など、一人ひとり異なるお口の中の細菌の状態をくわしく調べたうえで、適切な治療計画を立てていきます。

歯周病の治療方法 歯周病の治療方法

SRP(スケーリング・ルートプレーニング) SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
SRP(スケーリング・ルートプレーニング) 歯周病菌の棲み家となるプラークは、時間の経過によって歯石化します。歯石になるとブラッシングでは取り除けないため、歯科医院でSRPを受けることが必要です。SRPとは、歯周ポケットの中に潜む歯石を取り除く処置であり、場合によっては麻酔が必要になるケースもあります。
歯周ポケット?爬(そうは)術 歯周ポケット?爬(そうは)術
歯周ポケット?爬(そうは)術 SRPで取り除けないほど奥に入り込んだ歯石は、歯周ポケット掻破術で取り除きます。麻酔をしたうえで、専用の器具を使い、歯周ポケットの奥深くまできれいにします。
フラップ手術 フラップ手術
フラップ手術 歯周病がかなり進行した場合に行う外科的処置です。麻酔をして、歯ぐきを切開してめくりあげ、歯根を露わにした状態で歯根にこびりついた歯石や感染した歯肉組織を取り除きます。最後に歯ぐきを縫合して治療完了となります。

薬で治せる場合もあります 薬で治せる場合もあります

薬で治せる場合もあります

当クリニックでは、を用いる歯周内科治療も行っています。歯周病菌にはいくつかの種類がありますが、それを位相差顕微鏡によって特定し、それに合った内服薬を処方することで治癒を導くという治療法です。

細菌の種類を特定することで効果的な治療が可能になり、同時にお口の中の細菌も除去。症状の改善はもちろん、これ以上進行させないための予防効果も期待できます。

  • 歯周病の予防・早期治療には定期検診が重要です
しまもと歯科クリニックの 「3ヶ月ごとの検診の理由」についてはこちら

Topics

  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります

Treatment Menu