保険診療と自費診療 そもそも違いは何なのか? 保険診療と自費診療 そもそも違いは何なのか?

保険診療と自費診療 そもそも違いは何なのか?

歯科診療には、「保険診療」になるものと「自費診療」になるものがあります。しかし、この2つの診療について正しい知識をお持ちの方は少ないかもしれません。あなたは「保険=安い」「自費=高い」というイメージ以上のことをご存知でしょうか?

確かに保険診療なら費用を抑えることができますが、選択肢がなく、見た目も機能性も追求できる自費診療のような満足感は得にくいのが実状です。こちらでは、主に詰めもの・被せもの保険と自費の違いについて、足立区六町の歯医者「しまもと歯科クリニック」がご説明します。費用面だけにとらわれず、正しい知識をもとにご自分に合った診療を選択しましょう。

費用の違い 費用の違い

みなさんご存じのように、保険診療と自費診療における最大の違いは「費用」です。その特徴は次のとおりです。

保険診療 自費診療

健康保険が適用される診療であり、全体の3割または1割が自己負担となります。費用の自己負担は少なくて済みますが、素材や治療方法に制限があり、希望する治療が受けられないケースもあります。

※同じ治療方法であれば、どの医療機関でも費用は変わりません。

全額が自己負担となる診療です。費用の負担は大きくなりますが、素材や治療方法などに制限がなく、金額に見合う質の高い治療を受けることができます。

※保険診療と違い、同じ治療方法でも医療機関によって費用が異なります。

型採りの違い 型採りの違い

保険診療と自費診療では、歯型採取に使用する素材(印象材といいます)も異なります。この素材の違いが、型をもとにして製作する詰めもの・被せものなどの精度に影響します。

保険診療 自費診療
保険診療 自費診療
保険診療では歯型採取の際に、寒天系の印象材を用います。これは水分を多く含んでいるため形が崩れやすく、詰めもの・被せものの精度が落ちやすいといわれています。その結果歯との間にすき間ができて虫歯や歯周病菌が入り込み、再発を招く確率が高まってしまうのです。 自費診療では印象材に、シリコンを用います。保険診療で用いる寒天系のものに比べて変形しにくいため、精巧な型を採ることができ、それに応じて詰めもの・被せものの精度も高くなるのです。

使用できる材料の違い 使用できる材料の違い

保険診療と自費診療では、詰めもの・被せものを製作する材料が異なります。またそれを削った歯に固定するセメント(接着剤)も同じではありません。

保険診療 自費診療
保険診療 自費診療

保険診療では詰めもの・被せものの材料に、アマルガム合金、金合金、パラジウム合金などの金属が用いられます。これらは、いわゆる「銀歯」と呼ばれるものです。銀歯は白い歯の中で目立つうえに、経年によって金属が溶け出し、体内に取り込まれて金属アレルギーの原因になることがあります。

またセメントも保険適用内のものに決められているため、自費診療のものに比べると接着力に劣り、経年によって外れるなどして再治療が必要になる確率が高まるといえます。

それに対し自費診療で用いる材料は、セラミックやゴールド、超硬質レジン、チタンなど、幅広い選択肢があります。これらの素材は金属アレルギーの心配がなく、白いセラミック素材を選べば見た目を美しくすることが可能です。

またセメントも質の高いものを使用できるため、接着力が高く、長年の維持が可能になります。そのため、保険診療に比べて再治療の確率も大幅に低くなるのです。

歯科技工士の違い 歯科技工士の違い

詰めもの・被せものなどを製作する歯科技工士についても、保険診療と自費診療では違いがあります。

保険診療 自費診療
保険診療 自費診療
保険診療の場合、歯科技工士が得られる報酬は低くなります。そのため、どうしてもたくさんつくる必要があり、一つにかける時間が短くなってしまうのです。 自費診療の場合、歯科技工士が一つの製作に時間をかけて丁寧につくることができます。またハイクオリティな技術を持つ歯科技工士に製作を依頼すれば、その分費用は高くなります。しかしそれだけ精度の高い詰めもの・被せものをつくることが可能になるのです。
  • しまもと歯科クリニックの
「治療の流れ」についてはこちら

Topics

  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります
  • 痛みの少ない治療があります

Treatment Menu